So-net無料ブログ作成

1223-373号 【中医協】来年度診療報酬改定で診療側・支払側が意見書 [kensa-ML NEWS]

皆さん、こんばんは。神戸の新井です。

 再々の出没、申し訳ございません。

 さて今晩は少し早目に休もうと[眠い(睡眠)]、最後のネット検索をかけたら、重要なニュースが目に留まりました。このまま寝たのでは寝切れない(こんな言葉あったかしら[猫]???)と思い、連続配信と相成りました。

 真夜中[三日月]ですので、無駄口は叩きません。じっくりとご覧下さい。ただ・・・まだまだもめそうですね・・・[がく~(落胆した顔)] 単にそれぞれの意見を再度まとめただけという気がします[ふらふら]

【CB NEWS 2009/12/22】
 【中医協】来年度診療報酬改定で診療側・支払側が意見書
 
http://www.cabrain.net/news/article/newsId/25711.html
====================================================================
 中央社会保険医療協議会(中医協、会長=遠藤久夫・学習院大経済学部教授)の総会が12月22日に開かれ、診療側・支払側双方が遠藤会長にあてて来年度の診療報酬改定に関する意見書を提出した。診療側は基本的な考え方として、病院・診療所間での財政移譲などによる診療報酬改定や、政策誘導的な診療報酬改定は認められるものではないと主張。真に勤務医の過重労働の軽減につながる対策の検討などへの取り組みを求めた。一方、支払側は「診療報酬の引き上げを行う環境にはなく、必要度の高い医療に対しては大胆かつ重点的な評価を行う一方、限られた財源を効率的かつ効果的に配分するよう見直していくことが不可欠」とする基本方針を示した。
 診療側の意見書は、「医科」「歯科」「調剤」の3つの柱で構成。
 「医科」の基本的考え方では、勤務医の過重労働の軽減対策の検討や、▽高度先進医療を引き受けてきた特定機能病院が、「医療費」(公費を含む)で健全に自立できるような診療報酬の設定▽地域医療を担う中小病院・診療所への支援-など9項目を列挙。
 さらに具体的検討事項として、「根拠なく設定された『外来管理加算』の時間要件の撤廃」や「療養病棟入院基本料のコストに見合った評価への是正及び医療と介護の切れ目のない提供体制の構築」など、2008年度の改定で「大きな問題を惹起し医療を混乱に陥れた不合理の是正」や、入院基本料の引き上げなど「入院医療の評価」や「もの」と「技術」の包括化の撤廃など「現行の技術評価算定方式の不合理是正」といった「適切な技術料評価の診療報酬体系の確立」などを挙げている。
・・・続きはネットでご覧下さい


   br_decobanner_20091222111615.gif ← 宜しければワンクリックにご協力下さいね[るんるん]


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0


[ひらめき] Facebook・・・友達リクエスト、フィード購読大歓迎
     https://www.facebook.com/gamdango
[ひらめき] Facebook・・・最新情報はこちら
       https://www.facebook.com/Project102.MT

 

[ひらめき] PADM(パダム):遠位型ミオパチー患者会へのご協力お願い [ひらめき]

    遠位型ミオパチーという病気をご存知でしょうか? 
    筋肉そのものに原因があって、筋力が低下する「ミオパチー」といわれる疾患の中で治療法が全くなく、
    体幹部より遠い部分から徐々に筋力が低下していく非常に重い筋肉の進行性難病です。
    100万人に数名といわれる希少疾病ですが、2008年に「遠位型ミオパチー患者会」が発足しました。
    この患者会のみならず遠位型ミオパチーという病気をより多くの方々に認知していただき、一人でも
    多くの方々に賛同していただき、患者会の目標を達成することが目標です。その一つに「難病認定」
    があります。この「難病認定」のためには「署名活動」が必須であり、皆さんのご協力が必要です。
    宜しくお願いいたします。        
          http://enigata.com/index.html


    人気ブログランキング   臨床検査ランキング   Ameba_banner.jpg

人気ブログランキングにほんブログ村ランキング(臨床検査)に参加しています(Amebaは姉妹サイトです)。
啓蒙活動の一環として参加していますので、バナー↑↑↑へのクリックに是非ともご協力ください[ひらめき]


 臨床検査技師のブログにお越しいただき有難うございます。

 さてこのブログでは、臨床検査に関連する内容だけではなく、医療系、農業系、宇宙系、少年野球系等々、雑多な内容となっています。またこのブログを立ち上げたのは、多くの方々に密接な関係のある臨床検査をもっと知っていただきたい、そしてその業務に就いている臨床検査技師をもっと知っていただきたいとの思いからです。

 現代の医療においては、客観的根拠を基に病態解析などがなされ、EBM(Evidence based Medicine)の根幹として臨床検査データは位置付けられています。このような重要なポジションに居ながら、我々自身の待ち受け体質は根強く、我々臨床検査技師自身が何をするべきなのか、また何が出来るのかを真剣に考えるべきであり、後進の方々に良い道を残すためにも、一般の方々に臨床検査技師をまず知っていただく、ということが必要なのだと思います。そのような趣旨から各種サイトランキングにも登録しておりますので、バナーをクリックしていただければ幸いです。

 ご質問、ご意見、ご感想などございましたら、
gamdango@csc.jp までご遠慮なくメッセージをお送りください。ただし医療相談等には内容によりお答えできない場合もありますので、あらかじめご了解ください。

         NHO神戸医療センター
         臨床検査技師長
                新井 浩司

好き放題コメントを加えた最新の医療系情報(科学系、農業系、少年野球系話題も満載?)をご提供しています。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。