So-net無料ブログ作成
検索選択

20130917-670号 9/1~7の週に配信したニュース [kensa-ML NEWS 【情報】]

皆さん、こんばんは。神戸の新井です。

 今回の台風18号の被害は当初予想したものを大きく上回るものでした。全国各地に多大な被害を及ぼしましたが、皆さんの所では被害はありませんでしたか?被害を受けられた方々の一日も早い復旧をお祈りしています。

 私の居住している枚方では大きな被害が無かったと思っていましたが、友人から昨年夏の水害を受けた地区も床上浸水になった所があったと聞きました。

 また家内の実家は今回大水害のあった京都府福知山市で、水害のひどい戸田地区と大江地区に挟まれた場所にあります。義母は幸いにして先週より実家を離れていたため無事なのですが、実家の地域が陸の孤島化している様で、様子を見に行くことも出来ず心配しています。無事であれば、と願っています。

 さて、本メールニュース以外に私のフェイスブックページ「Project 102」でも最新の医療情報をご提供している事は既にお伝えした通りです。本メールニュースを再開した当初、切り分けてご提供しようかと考えていましたが、フェースブックでご提供した内容を少々遅延しますが、メールニュースで配信しようと思います。記事毎に簡単なコメントをつけているので、本メールニュースでの配信は、何やら取り留めもない内容となるかと思います。以前から読まれていた方には違和感があるかもしれませんが、ご理解ください。なおリンク先が全て読めない場合もあるかと思います(一部有料サイトも有り)。


 もうええ加減にせよ!と言ってもまだまだ出てくるのでしょうね。この会社に限らずですが、常識的に何を優先すべきか考えたら自ずと答えは導かれるはず。
 お昼のニュースでも、国費投入なんてことが流れていましたが、こんなの前から言ってたこと。でも半国営企業だから?ライフラインの最たるものだから?経済への影響が大きいから?・・・国費投入なんて、多くの国民は納得していないと思います。賛成する方も、致し方ないから・・・でしょう。さらに東電の役員さん方、せめてもう少ししおらしい態度をすりゃあ良いものを、開き直った姿を幾度も見るにつけ、こんな方々に最初言った「常識的に」なんて通用せんのでしょうねぇ。
 我々の組織もまあ半国営企業みたいなものですけど、やれ独立行政法人だ、とかでひとくくりにされて、ほんま迷惑ですわ!一緒にせんとって!と声を大にして言いたい!

毎日新聞社説9/3:原発汚染水対策 首相の危機管理を問う
 
http://mainichi.jp/opinion/news/20130903k0000m070110000c.html
汚染水漏れ:別区域で新たに? タンク底部で高線量検出 毎日新聞 9/2
 
http://mainichi.jp/select/news/20130903k0000m040088000c.html


 当たり前のことを書かれているのですが、改めて読むと納得。このサイト、ログインが必要ですので、会員の方以外は見れないかも。でも登録は無料ですので、入会していて損はないサイトです。

泣かせずに子どもを診るワザ教えます 日経メディカルオンライン 9/3
 
http://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/mem/pub/series/yokoi/201309/531995.html


中医協情報です。3つ続けてご紹介。

中央社会保険医療協議会 保険医療材料専門部会(第58回)議事次第 9/4
 
http://www.mhlw.go.jp/stf/shingi/0000020568.html
中央社会保険医療協議会 総会(第248回)議事次第 9/4
 
http://www.mhlw.go.jp/stf/shingi/0000020548.html
中央社会保険医療協議会 費用対効果評価専門部会(第13回)議事次第 9/4
 
http://www.mhlw.go.jp/stf/shingi/0000020570.html


 先月末に朝日新聞で出された記事ですが、面白い視点で書かれています。我々検査技師は患者さんとの接点をもっと密にしたいと願っているところですが、患者さんが臨床検査技師に配慮すること・・・なんて面白い。しかしこれを読むと臨床検査技師って、一般人からすると、人付き合いが苦手で話下手ってイメージの様ですね(いわゆるおたく?)。また診断分野に特化したようなイメージを払拭させるための努力を今後ますます積み重ねないといけないですね。反省する点の多い記事内容です。

医療職種紹介シリーズ8 「臨床検査技師」 8/28
 http://apital.asahi.com/article/nob/2013082700008.html


 これまた面白いと感じた記事です。GDPの改善予測が出たとはいえ、まだまだ不況が続くご時世ですから、このような記事となるのでしょうね。重複検査についても少しだけ触れられていますが、全国どこで検査をしても同じデータ・・・といった標準化が推進されなければ根本的解決にはならんでしょうね。

医療費 節約上手に…まず診療所、「はしご受診」避ける 読売新聞 9/4
 http://www.yomiuri.co.jp/komachi/news/20130904-OYT8T00395.htm


 詳しい内容を見ていないので、あまり語ることは出来ませんが、この病床機能区分の変更は色々な面において影響を受けること必至です。今後の動向に注目したいと思います。

病床機能区分、4区分で固まる CBnews 9/4
 http://www.cabrain.net/news/article/newsId/40827.html


 もっと詳しい内容を見てみたいですね。重症低血糖時の組織への影響などをイメージすると、高血糖状態とはまた違った負の連鎖が頭に浮かんできます。関連記事を見つけられたらまたご紹介したいと思います。

国立国際医療研究センター、重症低血糖時の危機的状態を解明 9/4
 http://news.mynavi.jp/news/2013/09/04/272/


nice!(5)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

nice! 5

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント

トラックバック 0


[ひらめき] Facebook・・・友達リクエスト、フィード購読大歓迎
     https://www.facebook.com/gamdango
[ひらめき] Facebook・・・最新情報はこちら
       https://www.facebook.com/Project102.MT

 

[ひらめき] PADM(パダム):遠位型ミオパチー患者会へのご協力お願い [ひらめき]

    遠位型ミオパチーという病気をご存知でしょうか? 
    筋肉そのものに原因があって、筋力が低下する「ミオパチー」といわれる疾患の中で治療法が全くなく、
    体幹部より遠い部分から徐々に筋力が低下していく非常に重い筋肉の進行性難病です。
    100万人に数名といわれる希少疾病ですが、2008年に「遠位型ミオパチー患者会」が発足しました。
    この患者会のみならず遠位型ミオパチーという病気をより多くの方々に認知していただき、一人でも
    多くの方々に賛同していただき、患者会の目標を達成することが目標です。その一つに「難病認定」
    があります。この「難病認定」のためには「署名活動」が必須であり、皆さんのご協力が必要です。
    宜しくお願いいたします。        
          http://enigata.com/index.html


    人気ブログランキング   臨床検査ランキング   Ameba_banner.jpg

人気ブログランキングにほんブログ村ランキング(臨床検査)に参加しています(Amebaは姉妹サイトです)。
啓蒙活動の一環として参加していますので、バナー↑↑↑へのクリックに是非ともご協力ください[ひらめき]


 臨床検査技師のブログにお越しいただき有難うございます。

 さてこのブログでは、臨床検査に関連する内容だけではなく、医療系、農業系、宇宙系、少年野球系等々、雑多な内容となっています。またこのブログを立ち上げたのは、多くの方々に密接な関係のある臨床検査をもっと知っていただきたい、そしてその業務に就いている臨床検査技師をもっと知っていただきたいとの思いからです。

 現代の医療においては、客観的根拠を基に病態解析などがなされ、EBM(Evidence based Medicine)の根幹として臨床検査データは位置付けられています。このような重要なポジションに居ながら、我々自身の待ち受け体質は根強く、我々臨床検査技師自身が何をするべきなのか、また何が出来るのかを真剣に考えるべきであり、後進の方々に良い道を残すためにも、一般の方々に臨床検査技師をまず知っていただく、ということが必要なのだと思います。そのような趣旨から各種サイトランキングにも登録しておりますので、バナーをクリックしていただければ幸いです。

 ご質問、ご意見、ご感想などございましたら、
gamdango@csc.jp までご遠慮なくメッセージをお送りください。ただし医療相談等には内容によりお答えできない場合もありますので、あらかじめご了解ください。

         NHO神戸医療センター
         臨床検査技師長
                新井 浩司

好き放題コメントを加えた最新の医療系情報(科学系、農業系、少年野球系話題も満載?)をご提供しています。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。